不動産売却 仲介手数料

不動産売却のとき、ほとんどの人は仲介業者(不動産会社)に依頼すると思います。そして売却ができたら仲介手数料を払う。

仲介手数料は物件価格の3%+6万円に消費税をかけたもの、というのが一般的説明ですが、これはどの物件でもそうではありません。

まず、この3%ですが、法律で定められた上限なんだそうです。つまりこれ以下ならいいわけです。一部の不動産会社で手数料無料!なんてやっているのを見ますが、そういうことなんですね。
また、口コミで、不動産会社から「当初の値段で売れなかったので、手数料を少し下げます」なんていわれたなんてのも。つまりは絶対に3%とか決まってはいないんです。

また、物件の価格で、この%が変わるそうです。
400万円まで  物件価格の4%+2万円+消費税
400万~    物件価格の3%+6万円+消費税

400万円以下で不動産を売却する場合は、仲介手数料の上限が違うってこと。
また、上限であって、そこより下なら特に法律の規制はないことは、覚えておいた方がよさそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする