不動産売却 民泊

住んでいるマンションの管理組合で議題にあがっていたのが「民泊」。
理事会で「民泊を許可しない」にしたほうがいいという意見がでて、どうやら規約を改定して、うちのマンションは「民泊禁止」になるようです。

ニュースでとりあげていましたが、都内のマンションなどでは持ち主が民泊をはじめてしまい、外国人の旅行者が大勢出入りするようになったのを怖がった住人が、理事会に訴え、理事会から持ち主に民泊をやめるよう要請したそうです。

持ち主が「友達に貸しているだけ」というので、理事会では客を装って申し込み、証拠を警察にもちこんだところで、ようやく民泊をやめてくれたと報道していました。

しかし、法律で民泊がOKになったら、持ち主がやりたいといえば止められなくなるかもしれません。

すでに民泊新法(住宅宿泊事業法)は成立しており、2018年3月15日から登録開始、施行は6月15日です。

不動産を売却するとき、自分のマンションが民泊OKになっていたら?
1将来民泊という活用法があるんだ、それはいいな!
2不特定多数の人が出入りするのか・・・それは資産価値としてマイナスだな。
どちらだと思うのでしょう?
今の日本だと、2が多いような気がするんですけど。

みなさんのマンションでは規約変更の動きはありますか?
近い将来に売却する場合、民泊が可能かどうかも関係してくるかもしれないです。

また、空きマンションを民泊で活用しようと思っている人は、管理規約のチェックが必要になります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする