不動産売却 費用

不動産売却にかかる費用は、仲介手数料、印紙代、登録抹消などの費用です。

私がマンションを売却しようとしたとき不動産会社からうけた説明は、以下のようになります。

1仲介手数料は物件価格の3%+6万円+消費税
2印紙代1万円
3登録抹消などの費用は、3万円程度

2・3は物件価格に比例するので、物件価格があがるにしたがって高くなります。
参考までに我が家の売り出し価格は1700万円台でした。

不動産会社に売却を依頼するときには費用はいっさいかからず、売却活動の最中も請求されることはありません。

最初に費用がかかるのは売買契約のときで、ここで仲介手数料の半金を払うことが多いです。ただし、売る相手から半金がもらえるので、実質用意する費用は仲介手数料以外になるといわれました。

残金の費用は引き渡しまでになります。

不動産売却で確定申告するとき、不動産売却にかかった費用として、売却代金からこれらの費用をひくことができます。

ここからは自分で調べて知ったのですが、仲介手数料として普通に提示される3%+6万円+消費税は法律で定められた上限金額なのだそうです。これ以下ならいくらでもいいらしい。

だから不動産業者によっては、仲介手数料を安くしますっていえるんですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする