不動産売却 確定申告

不動産を売却した年には確定申告が必要です。

個人が不動産を売却する場合、買った時より売ったときの値段が高くて利益がでると譲渡所得になるのですが、3000万円の控除がうけれるので、よっぽど値段があがっている人でなければ税金を払うことはないと思われます。
ただし、買い替えた場合は、この特例を使うと新しく購入した不動産には住宅ローン特別控除が使えないので注意が必要です。
住宅ローン特別控除はローンの残高の1%が10年間控除されるというものなので、よっぽどたくさんローンがなければ、まず3000万円の控除の方がお得なはずです。

反対に個人が不動産を売却して損失がでた場合ですが、損失を最大4年間にわたって控除することができます。期限があるのでいっぱい損失がでたら控除では埋めきれないかもしれませんが(^^;)
ただし、使うには5年以上保有した不動産を売却すること、残りの住宅ローンの期間が10年以上あることなどが条件です。

この制度「居住用財産の買い替えの場合の譲渡損失の損益通算・繰り越し控除の特例」といいます。この制度は、住宅ローン控除といっしょにつかえますが、そもそも損失の控除をうけていると所得税0になっている可能性高いと思いますので、実質最初の3年は住宅ローン控除はうけれないと考えられるでしょうね。
注意点は、5年以上自分または家族が住んだ家でないと使えないことです。


また、個人が不動産を売却して損失をだし、買い替えしない場合ですが、「特定のマイホームの譲渡損失の損益通算及び繰越控除の特例」が使えます。これは売却しても住宅ローンが残ってしまった場合に、その差額を所得から控除することができるというもの。500万の売却損を出した人が所得500万円なら収入0で所得税・住民税はいらないってことです。でもローンは払わないといけないけど( ;∀;)

利益も損失もでていない場合は確定申告はいらない?
厳密にはいりません。
でも、税務署には土地や建物の取引の事実は報告されるので、申告していない場合にはお尋ねがある可能性があります。念のため確定申告をして「譲渡所得の内訳書」を税務署に提出しておくと、お尋ねはないそうですので、やっておいた方がいいかも。自分の記録にもなりますから。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする