不動産売却 固定資産税

不動産を売却する人は、不動産を持っていたので固定資産税を払っていると思います。この固定資産税はその年の1月1日に不動産を持っていた人に請求が来ます。

不動産売却をした場合は、慣例として売主と買い主双方で負担することになります。「固定資産税の清算」と呼ばれるもので、通例物件の売買時期から期間を日割りで按分して買主が売主に一部を支払うのです。

このときややこしいのが、起算日の問題。
税金は1月1日から計算するのですが、その根拠になる固定資産税評価額の発表は4月1日。関東では1月1日から、関西では4月1日からの起算が慣習になっているんです。なので売買契約をするときには固定資産税持ち分と、その起算日を確認するほうがいいです。今は遠くの物件を買う不動産投資家さんもいるので、勘違いしていると計算があわない!ってなってしまいますもんね。

1~3月に売買契約をするときには前年の固定資産税評価額を使うことや、再計算はしないことを確認書として取り交わすのが慣習。

この買主が負担した分の固定資産税ですが、国税庁は税金とは認めていない(譲渡対価の一部)ので、税金払ったから!って経費にできないんですね。普通しないか。
逆に売主は1年分の固定資産税を経費にできるわけなのか~。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする